病気を防ぐために

blue medicine

肥満は様々な病気の原因になることが知られています。遺伝によって肥満傾向が強まる面もありますが、それよりも生活習慣による影響のほうが大きいと考えられています。日本でも食習慣の変化や日常の運動量低下によって肥満と認定される人が急速に増えています。消費エネルギーと摂取エネルギーのバランスの乱れによって体脂肪が蓄積されます。肥満を解消するには、少なくとも摂取エネルギーを減らすか、消費エネルギーを増やすかのどちらかに努める必要があります。ゼニカルは摂取エネルギーを減らす観点に立った肥満治療薬です。ゼニカルは個人輸入の手続きを踏めば国内でも購入できます。輸入代行サービスを利用すればより手軽に調達できます。

ゼニカルはロシュ社によって開発された経口タイプの肥満治療薬です。有効成分として含まれているオルリスタットが消化酵素のリパーゼに働きかけ、脂肪分が体に吸収されるのを妨げます。食事で脂肪分を摂取しても体に取り込まず排出するという非常に単純なメカニズムですが効果は抜群です。厚生労働省の承認が下りていないので国内販売はされていませんが、ゼニカルは国内でも多くの利用者がいます。食品医薬品局が承認したアメリカをはじめとして海外では承認されている国も多く、医療機関での肥満治療にも使われています。また、ゼニカルのジェネリック薬も販売されていて、使用に慣れてくると価格の安いジェネリック薬に変更する人も少なくありません。